セミプロトラベラーへの道

特に海外旅行が大好きで、月一回海外に行っている普通の20代サラリーマンです。2019年はなかなか飛行機に乗れずやきもきしていますが、不定期の仕事の合間で行ける海外はないかいつも調べています。ANAプラチナ・ヒルトンダイヤモンド・IHGプラチナエリート保有。

エアチャイナで北京経由のクアラルンプール

初のビジネスクラス

2017年1月16日
早速、ウキウキしながら電車で成田空港に向かいます。
ビジネスクラスなんて乗ったことなかったのでチェックインカウンターで挙動不審にならないように前日から空港内での動きを頭の中でシュミレーションしていきました。ビジネスクラスに搭乗の場合はビジネスクラスのチェックインカウンターで搭乗手続きをすることができます。当たり前ですね(笑)
エコノミークラスの長蛇の列に並ばなくていいなんてストレスフリーです!
ただ当日はエコノミークラスもビジネスクラスもスカスカでどちらもすぐに手続きできるような状態でした(笑)

そして、次は保安検査です。
成田空港第一ターミナルにはスターアライアンスのGOLD TRACK(ゴールドトラック)というものがありスピーディーに保安検査を受けることができます。


スターアライアンス ゴールドトラック
セキュリティをスピーディーに通過
新しく誕生したスターアライアンス ゴールドトラックでは、通常の混雑を避け、よりスムーズにセキュリティチェックを通過することができます。 ゴールドトラックは現在、140ヶ所以上の空港でご利用いただけ、ネットワーク全体で徐々に展開されてきています。】
僕の体感ではチェックインよりも保安検査の時のほうが並ぶ時間が多い気がします。そんな時にゴールドトラックはかなり時間の短縮になります。
通常の保安検査場の少し右にゴールドトラックと金色で書かれているところに突き進みます。入口の係員に搭乗券を見せるだけで通ることができます。基本的に人がいないのでスピーディーに保安検査を受けることができます。
一般の保安検査をするのに並んでいる人たちを横目にすいすい進んでいけるのはすごくうれしいです(ディズニーランドのファストパスを持っているときの優越感のような笑)

保安検査が終わると出国手続きです。ここは特にビジネスクラスや上級会員だからといって早く通過することはできません。
といっても入国手続きに比べ出国手続きはスムーズに行われるのでご安心を。

そして、そして今まで未開の地であったANA LOUNGEへ突入します。
航空会社のラウンジがあることすら少し前の僕は知りませんでした。もちろん中でどんなサービスを受けられるかも・・・
受付では搭乗券を渡せばラウンジに入ることができます。

中に入ると旅慣れた人達ときれいで洗練された雰囲気に圧倒されました(笑)
なにしたかあんまり覚えてないんです。最初のラウンジでは。
3時間くらいいたはずなのに(笑)
とりあえずビールを飲んでウィスキーを飲んでワインを飲んでみたいな感じだと思います。(ただの酒飲み(笑))
白州がラインナップされていることに驚き興奮したのは覚えています(笑)


そして、いい具合に酔っ払い搭乗時間です。ビジネスクラスや上級会員は優先搭乗というものがあり、一般の搭乗客より先に飛行機に乗り込むことができます。好きなところに荷物を入れることができるのがメリットです!
ただ僕はラウンジでなるべく時間を過ごしたいのであんまり活用はしないかな?!

遂に搭乗、初のビジネスクラス

ついにビジネスクラスに搭乗です。飛行機に乗るときに通路から右側はエコノミークラス・左側はビジネスクラスみたいに分けられてるじゃないですか。もちろんうらやましいなと思いながら毎回エコノミーの道を歩いてました・・・が今日は違います
胸を張ってビジネスクラスの道を歩きましたw
いやー座席が広い広い。快適な空の旅が始まりそうな予感しかしなかったです(笑)
席に座るとすぐにウェルカムドリンクを聞きに来てくれました。(ウェルカムドリンクなんてもらえるんや。驚き)という表情をせずに注文をしました。


もう一つの初がシャンパンでした。スパークリングワインは飲んだことがありましたがシャンパンは初めてでした。すっごくおいしかったです。炭酸が口の中でものすごくはじけて香りとともに鼻に抜けていくんです。
感動しました。そして、シャンパンにはまってしまいました。

前菜とともにお願いしたのもシャンパンです(笑)

コースで出てくるのもビジネスクラスならではですよね。場所が飛行機なだけでレストランで食事しているかのようでした。
メインは牛肉です。
濃い味付けでしたがおいしかったです。お酒が進みました(笑)

結局シャンパンを5杯飲んだと思います。
飛行機も定刻通り18:20分に北京国際空港に到着しました。
すごく広くてさすが中国だなって思いました。
無事に入国手続きをし、電車でホテルに向かいます。

この時、乗継便を利用する人は航空会社がホテルを用意してくれるサービスがあったのですが僕は観光したいところがあったのでそのサービスには申し込みませんでした。
たしか、ビジネスクラス利用だとホテルを用意してくれるとかだったと思います。ただ当日申し込みは不可で事前に申し込みが必要でした。
日本出発時にチェックインカウンターで聞いたところ、事前申し込みが必須だが一応北京の空港で確認してみてください。もしかしたら対応できるかもしれませんので。
とスタッフの方が言ってくれたので、もしかしたら当日申し込みでもホテルを用意してくれるのかもしれません。

ホテルは1000円くらいの安宿をとりました。ただ寝るだけだったので。
ホテルを探すのに過ごし時間がかかってしまいましたが無事にチェックインを済ませ少しだけ観光に繰り出します。

とりあえず天安門広場に行ってきました。天安門広場に行くまでにはセキュリティーチェックをする関所が何か所かあって結構怖かったです。
中国自体がなんか怖かったからそういうイメージがあったのかもしれませんが・・・

21時前くらいですがちらほら人はいました。あと写真撮ってあげるよーみたいな怪しげな人たちや物売りの人もいました(笑)
写真を撮って、そそくさとにホテルに向かいました。
次の日はひそかに楽しみにしていた観光が待っているからです。



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス