セミプロトラベラーへの道

特に海外旅行が大好きで、月一回海外に行っている普通の20代サラリーマンです。2019年はなかなか飛行機に乗れずやきもきしていますが、不定期の仕事の合間で行ける海外はないかいつも調べています。ANAプラチナ・ヒルトンダイヤモンド・IHGプラチナエリート保有。

初バンコク。ワットプラケオに行ってみた。

 

 

 

 

ホテルに荷物を置いて、ほっとしたのもつかの間もったいないから早速初バンコクを満喫したいと思います。

 

タイは有名なお寺があるみたいで、バンコクに行ったからには行くべし!

といううわさを聞いたので行ってみます。

お寺は好きなので興味津々です。

 

 

 

 

最初の行き先に選んだのはワットプラケオ

 

トゥクトゥクやタクシー、船を使っていくことができます。

 

トゥクトゥクとタクシーはぼったくられそうだからという理由で船で行くことにしました。

なかなか船に乗る機会もないしちょうどいい!

 

船乗り場の最寄駅はBTSサバーンタクシン駅(Saphan Taksin)です.

 

チャオプラヤーツーリストボートというのがあって、添乗員さん付きで説明等してくれるんですが40バーツくらいかかります。そして小ぎれい。

 

そのほかにも現地の人も利用しているような普通のボートもあります。

そっちは10バーツか20バーツでした。

 

船には旗がついていてその色によって速さや停車場所が違うので船乗り場の掲示板を見て選ぶといいと思います。

普通のボートはツーリストボートより少し時間がかかりますが、全然気にならない程度です。

僕ばどちらも乗りましたが、それ以降は普通ボートをずっと乗ってます。

 

 

 

 

 

 

 

写真の通り、優雅なクルーズって感じではないです。

ドブ川です(笑)

 

 

タージマハラートというところで船を降ります。

 

小さな商店街、というかちょっとしたお土産、小物が買えるような商店が並んでいるのでそこを進むと看板があるのでその通り進んでいくとワットプラケオの外観がすぐ見えてきます。

 

中に入るのにはセキュリティーを通らなければなりません。

IDの提示を求められますが、パスポートの写メでも大丈夫でした。

 

ツアーのお客さんや現地の人も多く、とても賑わっていました。

 

 

 

 

 

 

きれい

 

壮大

 

テンション上がった!

 

チケットを買います。

 

500バーツ

 

強気価格(笑)

 

あと、服装の制限があるので露出度の高い服装だと入れない可能性もあるので気を付けてください。

 

僕はジーパンに半そでのシャツで行きました。

服装チェックを乗り越えないと入れませんので注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きらびやか!

 

 

 

 

 

絢爛豪華とはこのことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動いちゃダメってすごい辛そう。

僕にはまねできません。

みんな写真撮ってました。

 

 

 

 

 

 

500バーツとか、高っっ!!!

って思ったんですが、実際行ってみて、満足でした。

 

日中行ったのですごく暑くて汗だくだったんですけど、それでも足が動いてしまうくらい次々興味があるものがあって、見入ってしまいました。

プミポン国王の死去に伴って現地の人も多く音連れていました。

 

充実した観光でした。

 

バンコクでワットプラケオに来てよかったです!

 

周りには売店やお店もたくさんあるのでちょっとしたお買い物がで来ます。

フレッシュオレンジジュースおいしかったです。

 

衛生面大丈夫か不安でしたけど飲んじゃいました(笑)

 

 

 

 

 

↓ハピタスで一緒にマイルをためましょう。

 

 今ハピタスではキャンペーンをやっています。

新規登録後、300ポイント以上交換していただくとお互い1000ポイントゲットするチャンスです。

ソラチカルートにすると900マイル相当ゲットできるのでお得です。

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス