セミプロトラベラーへの道

特に海外旅行が大好きで、月一回海外に行っている普通の20代サラリーマンです。2019年はなかなか飛行機に乗れずやきもきしていますが、不定期の仕事の合間で行ける海外はないかいつも調べています。ANAプラチナ・ヒルトンダイヤモンド・IHGプラチナエリート保有。

鉄道でバンコクからアユタヤに行ってみた。

目次

 

 

 

 

アユタヤまでの4つの行き方

バンコクからアユタヤまでの主な行き方としては

 

1、ロットゥー(ミニバス)

2、鉄道

3、タクシー

4、現地ツアー

 

1、のロットゥーはBTSモーチット駅からバスステーションまでタクシー等を使わないといけないという事で却下。とにかくタクシー恐怖症です(笑)

3、のタクシーは価格の面から却下。

2、の鉄道は海外で長距離の鉄道に乗ったことがないので怖い

 

そのためベルトラという現地ツアーで行くことにしてました、旅行当日までは。

どうせバンコクまで来たのだからアユタヤに行ってみたいと前日に調べました(笑)

現地ツアーなら効率よく観光地を回ることができるし初めてのバンコクだから安心をお金で買おうと思ったんです。

4000円とか高くても5000円くらいだったので。

 

それで、アユタヤ移動の当日、前日飲みすぎたせいか朝起きてはいたんですがだるくて動きたくなかったんです。

で、どうしようかどうしようかと調べているうちにまた来た時にでも行けばいいや。

なんて思ってしまったんです(笑)

ツアーの時間になってしまったので・・・

 

かといって、バンコクでやることもないなと思いほとんど滞在できないかもしれないけどとりあえず行くだけ行ってみるかと鉄道を使っていくことにしました。

 

ほんと計画性のなさ←

 ただ結果として鉄道を選んで正解でした!!!!

バンコクから鉄道でアユタヤへ

バンコク鉄道駅から鉄道に乗り、直通でアユタヤ駅まで向かいます。

バンコク鉄道駅はファランボーン駅からつながっている。

 

ホームページで時刻表が載っているので確認してから駅に向かったほうがいいだろう。

 

 

 

 

大体一時間に一本くらいは出てます。

Origin(出発場所)、 Destination(行き先)を入れると検索できます。

普通・特急・超特急?!とあります。

座席のグレードによって料金も変わります。

エアコンがついていなかったりと・・・

 

窓口でアユタヤまで行きたいとつたない英語で伝えたら20バーツでした。

自由席です。

それにしても1時間30分くらい電車に乗って20バーツ日本円で約70円は安すぎます。

 

エアコンはついてませんでしたけど・・・(笑)

 

 

一本早い電車に乗れそうだったんですが、窓口が混んでいて乗れませんでした。

長蛇の列ができているので時間に余裕をもって出かけたほうがいいかもしれません。

ただ、駅はほかにも長距離列車が走っているからか売店や食堂など軽く時間がつぶせるようになっています。

 

 

ちょうど時間もあったので食堂に行きます。

ピンクのカオマンガイではまってしまったのでここでもカオマンガイをいただきます。

 

 

うーーん、おいしい!

 

スープがパクチーの出汁が出まくってて飲めなかったのが残念・・・

 

出発時間が近づいてきたのでホームに向かいます。

 

 

 

この風景を見たときに、ツアーじゃなくて鉄道を選んでよかったとほんとに思いました。

 

世界の車窓から」の世界でした(笑)

 

線路を飛び越えたり普通にしなきゃ電車に乗れない仕組みで、日本では考えられない。

けどそれがアジア旅っぽくて、かなり心をくすぐられました!

 

何号車が自由席かもチケットに書いてなかったのでところどころいる係員に聞きながら席に着きます。

係員なのかもわかりません(笑)

制服を着ていたら明らかに社員だなと思いますがそういう人はいないので(笑)

 

 

すごいところに洗濯物が・・・

すごいアジア!!!!!!

 

 

もちろんエアコンなしです。

 

 

熱かったですがお昼寝をしながらアユタヤに向かいます。

ドーナッツは溶けてべとべとに・・・

 

アユタヤは終点ではなかったので、車内改札に来る車掌さんや周りの人に

アユタヤ?

アユタヤ?

聞きながら行きました(笑)

 

アユタヤ駅に着いたら駅を出てまっすぐ進みます。

トゥクトゥク攻撃を受けます。

 

まっすぐ進むと川があるので渡し舟に乗車します。

2バーツとかだった気がします。

 

川を超えるとアユタヤエリアになります。

ただ徒歩では回れないのでトゥクトゥク・タクシー・レンタルバイク・レンタル自転車等を利用します。

 

レンタルバイクに乗りたかったのですが、バイク自体乗ったことがなく事故ったら大変だからと思い渋々自転車を借りました。

 

パスポートを預け200バーツくらいだったと思います。

 

一緒にマップをもらえるので行きたいところに向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーーーーん!

 

アユタヤです!

 

日本人も多くいました。

というか、日本人が多かったです。

 

 

 

ダンジョン感がたまりません!!!!!

 

 

 

 

 

 

近くにいろいろな遺跡?!があるので興奮して行動しまくりました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中雨が降ってきて最悪でしたが、観光は最高でした!!!

 

ほんとにアユタヤ行ってよかった!

 

 

 

 

 

 

 

アユタヤ駅です。

 

 

帰り廃棄よりもだいぶ混んでいて、ぎゅうぎゅうで立ちだったのでどっと疲れました。

 

 

 

 

 

まとめ

 

とにかく、ツアーではなく鉄道でアユタヤに行くことができて僕はかなり満足でした。

遠いけどまた行きたいと思ったくらいです。

遺跡のダンジョン感はたまらなかったです。

RPGのの世界に入り込んだみたいでした。

鉄道旅ほんとに最高でした。

男性の一人旅やバックパッカーにはおススメでしかありません(笑)

 

逆にバックパッカー旅みたいなのが苦手な方はお勧めしません。

といってもこの駅には来てほしいと思います。

ほんとに世界の車窓から感がすごいので。

「旅してる感」をものすごく感じます!

 

 

鉄道だと安く行けるし、ツアーのように出発時間も決まっていないので自由度が高いのでお勧めですよ!

 

ハピタスで一緒にマイルをためましょう。

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス