セミプロトラベラーへの道

特に海外旅行が大好きで、月一回海外に行っている普通の20代サラリーマンです。2019年はなかなか飛行機に乗れずやきもきしていますが、不定期の仕事の合間で行ける海外はないかいつも調べています。ANAプラチナ・ヒルトンダイヤモンド・IHGプラチナエリート保有。

ANA海外旅作。プレミアムエコノミーでシンガポールへ

今回はANAの旅作にてプレミアムエコノミーでシンガポールへ行ってきたことについて書きます。

 

羽田空港ANAラウンジ

まず羽田空港ANAラウンジです。

当時、ステータスを持っていなかったのですがプレミアムエコノミーに搭乗という事でラウンジを使うことができました。

東京から深夜便ですが搭乗時間が近づくとともに人がどんどん増えてきます。

シャワーを浴びようと思ったのですが30人待ちくらいでした('Д')

早めに空港についていたのでシャワーの予約をしてとりあえずビールと食事をします。

2杯目からはハイボールと名物のANAカレーです。

おつまみもおいしくて止まりません。

 

シャワー

シャワーの順番が来たので浴びます。

きれい

アメニティーも豊富です。

海外のラウンジだとシャンプーなどボトルタイプのことがほとんどですが個包装になっているのでとっても衛生的かつ、持ち帰ることもできるのでありがたいです。

 

機内

早速機内へ

 

 

 

プレミアムエコノミーではエコノミークラスのドリンクのほかスパークリングワインを飲むことができます。

ボトルで出してくれるのもうれしいです。

またおつまみやお菓子、水を袋に入れたものが配られます。

深夜便ならではですね。

離陸後、寝る方がほとんどなのでこういったサービスは睡眠を妨害されないのでいいです。

僕は飛行機で寝ちゃうのがもったいないと思ってしまうので、お酒飲んで映画見ますけど(笑)

結局寝ちゃうんですけどね(笑)

 

せっかくのプレミアムエコノミーだったのに機材の写真を全くとってません(笑)

最初のほうに搭乗できなかったので、なかなか写真を撮るのが難しかったです。

優先搭乗にあまり魅力を感じませんが写真を撮りたい方にはおススメサービスです!

ホームページから写真を借ります。

シートイメージ画像

 

フットレストもついていて足を延ばすことができます。

シートイメージ画像

シートイメージ画像

モニターも大きいので、「飛行機では映画・ドラマを絶対見る」という私のような人にもおすすめです。

 

また、エコノミークラスとビジネスクラスとの中間に位置するプレミアムエコノミーはカーテンで仕切られ、座席も少ないので落ち着いた空間になっているのが一番うれしかったです。

ごみごみしてないので、とっても快適でした!!!

 

帰りは朝6時シンガポール発です。

帰りもプレミアムエコノミを利用するので、SATS PREMIER LOUNGEを利用することができます。

 

 

 

朝食です。

 

早朝便だからかあまりさっぱり目であまりおいしいとは思わなかった機内食でした。

まずいとかではなく普通(笑)

たぶん早朝便だからなんだと思います。

 

まとめ

初めてのANA旅作を利用した、初めてのプレミアムエコノミー搭乗でしたが楽しかったです。

エコノミークラスよりもだいぶ快適に旅することができました!

機内ではスパークリングワインも飲めるので、お酒好きの人にもいいです。

また、シンガポールは深夜便もあるのでエコノミークラスで行くよりは疲れの貯まり方がだいぶ違うと思います。

ただエコノミークラスとプレミアムエコノミーでは価格差があるので、なかなか乗ることはないかなと思います。(貧乏人なので・・・泣)

ただ、SFCを取得できれば、エコノミークラスの搭乗でも空席があればプレミアムエコノミーへ無料でアップグレードしてもらえるようなので、早く取得し試してみたいです。

 

 

次回24日更新予定です。