セミプロトラベラーへの道

特に海外旅行が大好きで、月一回海外に行っている普通のサラリーマンです。ANAプラチナ・ヒルトンダイヤモンド・IHGプラチナエリート保有。

通常100万円以上?!ANAビジネスクラスで行くニューヨーク。このためにプラチナステイタスを取得しました。

念願のビジネスクラスでニューヨークへ行ってきました。

このためにANAのプラチナステイタスを取得したんです。

私の大好きなニューヨークへ行けるだけで幸せ100万%なのに、あこがれのビジネスクラスで行けるなんて・・・・

思い出すだけで泣けてきます。

 

といってもこれは2017年の搭乗記となり、嬉しいことに今年2018年もニューヨークへ行くことができました。

当初ブログを書く予定ではなく、順番に記事を書いているので時間差が発生しています・・・

取捨選択してブログを書いていこうと思います。

 

 

東京からクアラルンプールの往復でANAビジネスクラスに搭乗したことはありましたが、フルフラットのビジネスクラスではありませんでした。

今回、搭乗したANAのニューヨーク線はボーイング777-300ERという事でフルフラットのシートなんです。

楽しみすぎます。

 

エアチャイナのビジネスクラスで東京ー北京、北京ークアラルンプールとフルフラットシートに座ることはできましたが日系企業ビジネスクラスでフルフラットは初めてです。

日本語でフルサービスを受けることができるという事で、楽しみは次元違いです(笑)

 

f:id:semiprotraveler:20180908152642p:plain

エアチャイナのフルフラットもよかったですが、プライバシー性が高いANAのビジネススタッガードシートに座れる喜びたるや!(笑)

 

 

通常、東京からニューヨークへエコノミークラスで行くと20万弱、Business Value Plusという安いビジネスクラスで60万弱くらいの価格です。

今回私は特典航空券を利用しビジネスクラスを取得しました。

Business Value Plusだと変更安い分予約の変更は一切不可です。

逆に特典航空券は変更することが出るのでフレキシブルです。

航空券の有効期間内で、ご搭乗日ならびに便の変更が可能です。

 

ご予約済の便の出発前かつご搭乗希望便出発の24時間前まで承ります。ご予約済の便の出発までにご予約の変更・取り消しがなかった場合、以降の変更はできません。

 予定が変わることもあると思うので変更できるかできないかというのはとても重要だと思います。

手数料がかかるが変更できるもの

一切変更ができないもの

等あるので予約する際に確認は必須です。 

 

予約変更が手数料無料で可能なBusiness Flex Plusだと100万円前後の価格帯です。

なので、ANAビジネスクラスで東京からニューヨークに行くには100万円程度の価値があるという事になります。

私は海外出張があるような会社で働いているわけではないのでポケットマネーでは一生乗ることはないですね(笑)

乗ることはないっていうか、乗れません(笑)

 

マイルのおかげで本当に貴重な経験をすることができました。

 

 

ただ、マイルさえあれば特典航空券と取得できるのかというとそうではありません。

毎年休みが決まっている人や、申請すれば確実に休みをもらえるような会社で働いていれば約一年前から予約することができ、好きな日程で特典航空券を取得できる可能性は広がります。

しかし、私の場合はそうではなかったので「ステイタスを取得する」という事でリカバリーすることにしました。

そういった経緯があり、急遽ですがプラチナステイタスを取得する旅を始めました。

↑この旅を決めたのも急遽だったのでなかなか調べる時間も足りずもったいないこともたくさんしてしまいましたが、今となってはいい思い出であり、ステイタスを取得できて本当に良かったと思っています。

 

 

まとめ 

 念願のステイタスを取得することができ、目標であったビジネスクラスでニューヨークへ行くことができました。

2017年の出来事ですが、大好きなニューヨークという事で気持ちが入りすぎてしまうため記事を分割します(笑)

今年2018年にもニューヨークへ行くことができたので、その記事にもおつきあいください(笑)