セミプロトラベラーへの道

特に海外旅行が大好きで、月一回海外に行っている普通のサラリーマンです。ANAプラチナ・ヒルトンダイヤモンド・IHGプラチナエリート保有。

トラブル発生!ANAのビジネスクラスで乗り遅れ?!特典航空券でニューヨークから東京へ

休みがとれず、今回のニューヨーク旅は3泊5日のはずでしたが、センチュリー21でのんきに買い物をしており、乗り遅れという形になってしまいました。

 

タイトルの通り、帰りもANAのビジネスクラスでニューヨークから東京まで帰る予定が、乗り遅れてしまいました。。。

 

その時のエピソードと流れ、結局帰国できたのかを書いていこうと思います。

 

*今回はあくまで、イレギュラーな対応をしていただけたので、必ずしもこのような対応になるとは限らないことをああらかじめご了承ください。

 f:id:semiprotraveler:20181217180342j:image

 

 

www.semi-protraveler.com

 

買い物に夢中で乗り遅れ?!

 

買い物前も、買い物中も何度も時計を確認していたのに、なぜか時間を勘違いしてしまうという失態。

何回海外に行っているんだよ。

と自分でツッコミたくなってしまいます・・・

厳密に言うと、フライトの時間ははっきりわかっていて、何度も時計を見返して2時間前に空港にいくにはここを何時に出る!

と決めていたのに、なぜか気づけばフライト時間2時間前くらいになっていたんですよね・・・

恐ろしいです。

 自分のすっとぼけ具合…

 

 結局空港には行ったのですが、先程カウンターがクローズしたことをカウンター近くにいた空港の警備員の方の方に教えてもらい(;o;)(;o;)(;o;)

←こうなってました

 

そして、明日にならないとANAのスタッフは来ないよと教えてもらいました。

 

それもそのはず、ここはニューヨークです。

日本の空港とは違い、スタッフがいるわけないですよね・・・

アメリカですもん・・・

 

それを聞いて、さらに泣きそうになりました。

 

 

予約していた便はどうなるの?

日本に帰れるの?

明日の便は空いているの?

他社便でもいいから日本に帰りたい・・・

どうしたらいいの(頭を抱える)←こんな感じでした。

 

そんな階をしているアジア人を気の毒に思ったのか、警備員さんが一緒に空港内にANAのスタッフがいないか探してくれたんです。

ほんとに感謝です。

40分くらい空港内をぐるぐる一緒に歩いていたのですが、ちょうどANAの制服を着ている人たちを発見しました!!!

 

話してみると、日本人ではなく恐らく現地で雇われているスタッフのため、日本語が者べなかったのですが、警備員さんが乗り遅れたことを伝えてくれました。

 

結局乗り遅れはどうしようもないということ立ったのですが、一応日本語がわかるスタッフに話してみてということで、カウンターの電話を使わせてもらい、日本語がわかるANAのスタッフと電話をさせてもらうことになりました。

 

電話をしてみると、片言で日本語がしゃべれるスタッフが電話に出てくれ、事情を話しました。

とにかく日本に帰りたかったので、スターアライアンス便で今から日本に帰れる便を探してもらいましたが、ありませんでした。

LCCでも他社便でもいいので探してもらったのですが、うまく見つからず、もうこのときには半べそです。

うなだれてました・・・

 

 

何せ18時代の便だったので乗り継ぎでも日本行きの便なんてありませんよね・・・

 

しばらく電話をしていたのですが、結局乗り遅れはどうしようもないという結果でした。

警備員の方も代わってくれて一応フライト時刻までには空港に到着していたことや、スタッフを探していたことなどを伝えてくれました。

他には何をいっていたかわかりませんでした。

しばらくして、スタッフの方が上司に確認してくれることになり、翌日の便なら空席があるということで、特別に変更してもらうことができました。

 

ここでもまた半べそです。

日本に帰れる・・・って。

本当に、本当に感謝です。

 

警備員さんを始め、海外のANAスタッフ、オペレータさんみんなにほんとに感謝です。

 

今回私は自由度の高い特典航空券にてビジネスクラスを予約していたというのも変更してくれた大きな理由だと思います。

これが格安チケットであれば変更できたかどうかわかりません。

 

過去、エクスペディアで予約した格安の乗り継ぎチケットで乗り遅れた際は全く変更出来なかったことがありました。

←初めてじゃないのかよ

 

大学生の時だったので、急いで帰る必要もないかーくらいだったのですが。

といってもその時初めての海外一人旅だったので確かに不安はありました。

その際も、なるべく最善を尽くしてくれた当時のデルタのスタッフに感謝です。

今でも顔を覚えています(*゚∀゚*)

 

 

こんなやり取りでかれこれ3時冠近く空港にいたのでほっとしたのと同時に、どっと疲れました。

翌日の便の変更賀できたので、急遽もう一泊宿を予約しました。

 

この時はJFK空港には確かターミナル3とかしか無料Wi-Fiがなかったんです。

つまり、ANAのカウンターがあるターミナル7にはfreeWi-Fiがありませんでした。

(2018年6月現在はfreeWi-Fiが使えました。ほんとに便利です)

 

そのため、ホテルの予約ができない旨もオペレーターさんに伝えると、なんとインターネットを使えるように手配してくれたんです。

本来であればこんなことはしてくれないと思います。

本当にANA神です。

 

無事、ホテル予約を済ませジョンエフケネディ空港をあとにしました。

 

振り返ってみても、本当に長い一日でした・・・

 

本当にたくさんのか谷ご迷惑をお掛けしてしまい、反省しています。

親切な人達に助けられ、忘れることのできないニューヨーク旅になりました。

 

 

まとめ

ANAの特典航空券でビジネスクラスを予約していましたが、空港までいって乗り遅れてしまいました。

たくさんの方の協力もあり、オペレーターさんになんとか説明し「今回に限り」ということで、翌日の便に変更してもらえることになりました。

 

 

繰り返しになりますが、翌日便に振り替えられたのは特典航空券という自由度の高い航空券だったからかもしれませんし、プラチナステイタスがというのも少しだけ関係あるのかもしれません。

 

本家のホームページからの予約ではなく、エクスペディアなどの代理店からの購入でも変更はできなかったかもしれませんし、暮らすの低いチケットも変更できなかったかもしれません。

 

今回「今回に限り」変更できたのはANAさんのお陰という他ありません。

 

皆さんも、時間に余裕をもって空港に行ってください。

僕も、浮かれていないでしっかり時間管理しようと思います。(*_*)

 

 

あとから、思ったのですが、間に合うか間に合わないか気づいたときに空港に突っ走るのではなく、ANAのデスクに電話をして事情を説明した方が事がスムーズに運んだのかもしれないなと思いました。

かといって、それでも所定の変更手続きではないので変更できない問われてしまうかもしれませんが。。。

 

とにかく、せっかくの楽しい思い出が最後の最後でなくなってしまわないよう、余裕をもって空港に行きましょう!

 

それでももし乗り遅れそうになってしまった、乗り遅れてしまったら、早めに電話するなり空港スタッフに聞いてみるなり何かしらアクションを起こした方がいいと思います。

 

本当にANAさんありがとうございました。