セミプロトラベラーへの道

特に海外旅行が大好きで、月一回海外に行っている普通のサラリーマンです。ANAプラチナ・ヒルトンダイヤモンド・IHGプラチナエリート保有。

ニューヨーク、JFK空港ANA指定のブリティッシュエアウェイズ・ギャラリラウンジをご紹介。

   前回の記事でニューヨークJFK国際空港から東京へ帰る、特典航空券で取ったANAビジネスクラス便に乗り遅れた記事を書きました。

 

www.semi-protraveler.com

 

ANAさんのご好意で翌日のフライトへ変更してもらい、今回はちゃんと空港へ!

いつも通りメトロを使って向かいます。

f:id:semiprotraveler:20181223165143j:image

はじめての一人旅の時からずっとお世話になっているので、ここの場所に来ると感慨深いものがあります。

右も左も分からないけど、自分でどうにかしなきゃいけないから風景とかを強烈に覚えてしまうんですよね。

チェックインカウンターはファーストとビジネスクラスは日本人が担当していました。

 

日本語で話せるのはやっぱり嬉しいですよね。

 

翌日にフライトを振り替えてくれたからと言って、同じビジネスクラスへ変更できているんだろうか、実際チェックインするまで不安でしたが、同じビジネスクラスに変更してくれていました。

ありがとうございます。

 

f:id:semiprotraveler:20181225112630j:image

スムーズにチェックインを済ませ、ゴールドトラックを利用させてもらい保安検査を受けます。

成田空港のようなゴールドトラックではなく、簡単なレーンのようなものになっていて振り分けられました。

ターミナル7は狭いとはいえ、少しでも早く検査を受けることができるというのはとてもありがたいです。

 

今回はJFKのラウンジについて書いていこうと思います。

 

JFK国際空港は各会社によってターミナルが分かれており、今回私が利用するANAはターミナル7にあります。

 

ANAは海外に自社ラウンジを保留していないため、通常であれば他のスターアライアンスの航空会社ラウンジを使用することになります。

 

ただ、今回利用するターミナル7はスターアライアンスのラウンジもないということで、ワンワールド加盟のブリティッシュエアウェイズのラウンジを利用することになります。

 

なかなか、他社のアライアンスのラウンジを使う機会はないので楽しみです。

以前ニューヨークに来た時はデルタ航空を利用し、その次はANA便でしたが平会員&エコノミークラスだったのでニューヨークでラウンジを使用するのははじめてです。

期待が高まります(^-^)

 

ブリティッシュエアウェイズのラウンジは2つあり、ファーストクラス用とビジネスクラス用のギャラリラウンジがあります。

 

今回私が利用できるのは、ビジネスクラス相当のブリティッシュエアウェイズ・ギャラリラウンジです。

 

今回私は、ビジネスクラスを利用したのでもちろんラウンジの利用資格がありますが、たとえエコノミークラスの利用だとしてもSFC会員であれば同じくギャラリラウンジを利用することができます。

また、ANAプレミアムエコノミークラスの方もギャラリラウンジを利用できるようです。

 

ステイタスがなくとも、プレミアムエコノミー・ビジネスクラスの利用ならばラウンジを使用することができますが、本人のみしかラウンジに入室することができません。

しかし、SFCを取得していればスターアライアンスゴールドの資格が与えられ、本人+同行者にもラウンジ入室権が与えられるのです。

なんと素晴らしい!

 

今回も私は一人ですが・・・笑

 

ただ、同行者と一緒にラウンジで寛ぐことができるのはかなり嬉しいメリットですよね!

 

早速、航空券を見せて、入室します。

 

カウンターにカップラーメンが置いてあったのがなんだか印象的でした。

ここに置いておくんだ!

って笑

 

たくさんとって行く人がいるからなんですかね?!

 

バーカウンターには沢山の朝毛が並べられています。

 

f:id:semiprotraveler:20181223165443j:image

やっぱり最初は生ビール。

f:id:semiprotraveler:20181223165430j:image

ちゃんとサーバーが置いてありました。

嬉しい!
f:id:semiprotraveler:20181223165437j:image

日本語のおしぼりと割り箸、あと味噌汁のあさげです。

ここまで来るともう気分は日本です。笑

 

前日また遅れては大変だと思い1時間程しか寝なかったので、お酒を飲んでホッとしたのかかなり眠くなってきてしまい、あまりラウンジを堪能することはできませんでした。

しかし、広い割にあまり人も多くなかったのでゆっくりとした時間を過ごすことができ、やっぱり空港ラウンジっていいなー

ニューヨークっていいなーなんて思いながら搭乗時間を待つことができ、本当に幸せでした。

 

シャワールームもあるんで、長いフライトの前にさっぱりしておくのもいいと思います!

 

メリット

・広い空間で、窓もあるので開放感もある。

・お酒の種類が豊富(ハードリカーやワイン・生ビール)

・広いシャワールームあり

 

デメリット

お酒類は豊富にある反面ホットミールは全然ない。

 

僕はお酒があれば全然問題ないんですけどね笑

お酒が飲めない飲まないひとにとっては食事も大事だと思うのでデメリットにあげさせてもらいました。

 

 

追記

ドルが少額余ってしまい、使い切りたいという人は、ラウンジを出たところにあるお店でミニボトルのお酒を買うのがいいと思います!

2・3ドルで購入できる超ミニサイズのお酒が売っていますよ!

私は、使い切りたいというより可愛いから買ってしまいました笑。

※購入後すぐにお酒を受け取ることはできず、飛行機の機内に入る前に職員から手渡しされるスタイルです。

 

また時間を作って記事を書いていこうと思います。

ヒルトンの宿泊記が溜まりに溜まっているので書くのが楽しみです。

毎日更新したい(ToT)泣