セミプロトラベラーへの道

特に海外旅行が大好きで、月一回海外に行っている普通のサラリーマンです。ANAプラチナ・ヒルトンダイヤモンド・IHGプラチナエリート保有。

ステイタスのおかげ?!初のインボラアップグレードでアシアナ航空ビジネスクラスに搭乗。

今回1泊2日で弾丸ソウル旅をしてきました。

ANAのステイタスを活かすため、スターアライアンスの「アシアナ航空」を利用し、ヒルトンゴールドステイタスを活かすため、「コンラッドソウル」へ宿泊しました。

ホテルでは無料でエグゼクティブリバービュールームへアップグレードしていただき大満足の旅行となりました。

ここまでで、大満足の一言なんですがタイトルにもあるように最後の最後にサプライズで初のインボラアップグレードをしていただけることに!

「大満足のソウル旅」だけでは言葉が足りないくらい嬉しい・楽しいソウル旅だったのでシェアしようと思います。

 

フライト

往路:成田13:20発→仁川15:55着←A380
復路:仁川21:25発→羽田着23:25

 

今回のソウル弾丸トラベルで2階建て飛行機A380に搭乗できるのを楽しみにしていました。

復路でも利用したかったのですが、最大限ソウルにいる時間を増やすため仁川を21時代に出発するアシアナ航空OZ178便を予約しました。 

 

羽田に到着するのは23:25分なので東京に住んでいない私は当日中に家に帰ることはできません。

次の日は仕事だったのにも関わらず、無理矢理でも予約していたことを考えるとよっぽど海外に行きたかったんだなと今思います笑

 

空港へ

 空港へは電車で向かいます。

途中まで友人がついてきてくれました。

ありがたいです。

f:id:semiprotraveler:20190324165110j:image

 

 インボラアップグレードってなに?

 そもそもタイトルのインボラアップグレードってなんなのか

 正式にはインボランタリー・アップグレードといいます。

インボランタリー・アップグレードまたはオペレーショナル・アップグレードとは、航空便のオーバーブッキングなど航空会社側の都合によって、座席がエコノミークラスからビジネスクラスなど、より上位のクラスに変更されること。略してインボラともいう。2クラス以上の機材でエコノミークラスを予約した乗客しかいない場合にシートだけビジネスクラスが選べる、いわゆる「ビジネスクラス開放」とは異なる。

通常のアップグレードの場合は乗客側が希望し、航空運賃の差額を現金で支払ったりマイルを使用したりして上位クラスに変更するが、インボランタリー・アップグレードの場合は、航空会社側からの申し出によるものであるため、乗客側の負担はない。

どの乗客をアップグレードさせるかは、多くの場合航空会社の現場による判断に委ねられるが、「割引なしの運賃もしくはより上位の運賃クラス」「自社や同じ航空連合のマイレージサービス上級会員」「こぎれいな服装」などの乗客が優先される。

Wikipediaより

 

 つまりは、オーバーブッキングなどの航空会社側の理由でより上位クラスに変更されることを言い、私たち利用者はメリットしかないといえます。

 

チェックイン

早速アシアナ航空のチェックインカウンターでチェックインをしてもらいます。

ANAのプラチナステイタスを保有していたので、スターアライアンスゴールドメンバーとして、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用させてもらいました。

 

ここで事件発生です!

カウンターの方から「アップグレード」

と言われチケットを渡されました!

こちらは、ポカーンです笑

今なんて?!

って感じでしたが、渡されたチケットを見ると「C」の文字が!

一気にテンションがぶち上がりです。

f:id:semiprotraveler:20190324171106j:image

アシアナ航空はもちろん何度も利用したことがありますが、ビジネスクラスは初めてです。

楽しみすぎます。

 

アシアナ航空ラウンジ

アシアナ航空のラウンジへ向かいます。

f:id:semiprotraveler:20190324164718j:plain

 


f:id:semiprotraveler:20190324164650j:image

窓側のカウンター席を確保します。
f:id:semiprotraveler:20190324164628j:image
f:id:semiprotraveler:20190324164645j:image

広々しています。


f:id:semiprotraveler:20190324164639j:image

CASS の生ビールをいただきます。

韓国の町中ではなかなか生ビールってないんですよ!

だから、毎回ラウンジでは生ビールを飲みます。

 

あっという間に搭乗時間になりゲートへ向かいます。

f:id:semiprotraveler:20190324164611j:image

 

機内

早速機内へ。

初のアシアナ航空のビジネスクラスです!


f:id:semiprotraveler:20190324164658j:image

 

次のは朝早くから仕事だったため、お酒は飲まないと決めていました・・

 

が、ビジネスクラスということになれば話は別です笑

少しだけならということで、ウェルカムドリンクからスパークリングワインをいただきます。

 

離陸

離陸し、ファーストドリンクはシャンパンをいただきます。

[ドラピエ カルト・ドール・ブリュット]

価格は6000円程度のシャンパンのようです。

f:id:semiprotraveler:20190324164709j:plain

泡が弾け喉を刺激します。

美味しいの一言です。

シャンパンは空以外ではレストランで一度しか飲んだことがないのですが、何でこんなに美味しいんですか?!

上空で飲むからより美味しいんですか?!

もう怖いです笑

 

機内食

ビジネスクラスなので機内食もあります。

エコノミークラスでブリトーが出てきたときは衝撃的でしたから。

結構前はちゃんと一般的な機内食とアルコールが提供されていただけに変わったんだなとビックリしたのを今でも覚えています。

といっても、ソウルー東京は短距離路線なのでその程度でも十分だと思います。

 


f:id:semiprotraveler:20190324164617j:image

私はリブロース肉のプルコギを選びました。


f:id:semiprotraveler:20190324164601j:image

おいしそうです。

さすがに短距離路線なのでワンプレートですね。

酒好きがばれていたのかシャンパンは並々注いでくれました。

 

お肉が柔らかくて美味しいです。

パンまで食べて、韓国グルメをたくさん食べてきたのが嘘かのように、もりもり機内食を食べてしまいました。

シャンパンのおかわりをもらってくつろぎます。

疲れをとるためエコノミークラスで少しでも寝ようと思っていたのですが、ビジネスクラスとなればそうはいきません。

一睡もしませんでした笑

古い機材だったので、フルフラットにはなりませんし、隣の人との距離も比較的近めでした。

しかし、さすがビジネスクラスということだけあって快適に、そしてあっという間に羽田についてしまいました。

 

なぜインボラアップグレードされた?!

今回私はなぜインボラアップグレードされたのでしょう。

格安チケットだったため、予約クラスは低かったですし、小綺麗な格好もしていませんでした。

また、搭乗客は少なくはありませんでしたが、オーバーブッキングしているほどでもありませんでした。

考えられる理由としては

●ANAプラチナステイタスによるスターアライアンスゴールドステイタスがあったこと。

1人搭乗だったこと。

 この2点によりインボラアップグレードされたんだと思います。

ステイタスに感謝ですし、ともかくビジネスクラスに搭乗できて嬉しかったです。

 

まとめ

1泊2日の弾丸ソウル旅でしたが、インボラアップグレードでビジネスクラス搭乗という最後の最後に嬉しいサプライズまで体験できました。

本当に楽しかったですし、羽田につくまでビジネスクラスで快適に帰ってくることができました。

格安エコノミーのチケットでビジネスクラスを体験できたことは感謝でしかありません。

とても満足度の高いソウル旅でした。

旅行を終え、旅行前「弾丸トラベルは勿体ないよなー」

なんて、旅行することを迷っていた自分をビンタしてやりたい気分です。

今回の充実した楽しい旅を経験し、弾丸トラベルへのハードルは限りなく下がりました。これは嬉しいのか悲しいのか旅行代を捻出するためしっかり働こうと思います笑