セミプロトラベラーへの道

特に海外旅行が大好きで、月一回海外に行っている普通の20代サラリーマンです。2019年はなかなか飛行機に乗れずやきもきしていますが、不定期の仕事の合間で行ける海外はないかいつも調べています。ANAプラチナ・ヒルトンダイヤモンド・IHGプラチナエリート保有。

【ヒルトンセール】オーストラリア・東南アジアのヒルトンホテルで最大35%オフのセール開催中

現在ヒルトンホテルでは、オーストラリア・東南アジアで最大35%オフのセールが開催されています。

 

f:id:semiprotraveler:20190329182534j:plain

ヒルトンホテルでは、過去に日本を含むエリアで50%オフのセールを開催したこともあるのでそれに比べると割引率は下がりますが、今回は通常のホテル価格が低めな東南アジアでの35%オフのセールということで、よりリーズナブルにホテルに宿泊することができるのでおすすめと言えます。

さらに、宿泊代が割り引きされるだけではなく、さらにレストラン利用料金から15%オフになるということなのでゆっくりホテルステイしたい人にとってはよりおすすめです。 

 

www.semi-protraveler.com

 

今回のセールを紹介していこうと思います。

 

 

対象エリア

今回のセール対象エリアは

オーストラリア

ニュージーランド

ニューカレドニア

タイ

シンガポール

インドネシア等の東南アジア

 

シドニーやタイやシンガポール、バリ島など日本人が旅行先にも選ぶエリアがセール対象ということで、該当者も多いのではないでしょうか。

 

セール規約

割引料金でご利用いただける部屋数には限りがございます。本オファーは、オーストララシア地域および東南アジアのヒルトン・ポートフォリオのすべての対象ホテルにおいて、2019年3月26日(グリニッジ標準時 9:00)から2019年4月2日(グリニッジ標準時 9:00)までにご予約いただいた、2019年3月31日から2020年1月31日までのご宿泊に適用されます。ご到着日の5日前までのご予約が条件となります。各ホテルによって異なる特典除外日が適用される場合があります。料金は1室1名様または1室2名様でのご利用の場合の宿泊料金です(諸税、部屋付けサービス利用料金、チップ、リゾート料金は含まれません)。シンプルステイ料金(BAR)またはベッド&ブレックファスト料金(B&B)の割引率(5~25%)は、すべての対象ホテルにおいて異なります。ヒルトン・オナーズ会員の方には、BARおよびB&Bの料金にさらに10%の割引が適用されます。ヒルトン・オナーズ会員のお客様は、ヒルトン・オナーズ会員料金でご予約いただく必要があります。 

客室料金の割引に加え、ご滞在期間中、ヒルトン・オナーズ会員のお客様には対象ホテルの一部飲食施設での飲食について、以下の条件に準じ、15%の割引が適用されます。 

• 割引は譲渡不可であり、本オファーを通じて予約されたお客様にのみ有効です。

• 割引は滞在中のみご利用いただけます。

• 割引は施設内でのご飲食にのみ有効です。ミニバーとルームサービスには適用されません。

• 割引はオーストラリア地域のすべてのホテルでの、アルコール飲料のご提供に対し適用されます。アルコール飲料のサービスには、州法および地元の法律が適用されます。飲酒は法律で認められた年齢のお客様に限らせていただきます。

東南アジアのすべてのホテルにおいて、アルコール飲料には割引は適用されません。

• サービス料、諸税、およびチップは割引適用外です。

• 割引は、ご滞在期間中に何度でもご利用頂けます。

• 割引は、加盟ホテル内で第三者が所有・運営する施設ではご利用いただけません。また、チェックアウト時にフロントデスクで料金をお支払いいただけない場合にも適用されません。

• Saltbush(DoubleTree Alice Springs)を除くすべてのホテルの対象飲食施設、およびWaldorf Astoria Bangkok および Waldorf Astoria Maldivesのすべての飲食施設にて、割引が適用されます。

• チェックアウト時のお客様のご清算書にのみ、ご飲食料金の割引が適用されます。


BARおよびB&Bとは、特別な条件や制約のない特定の料金タイプで、購入日に応じて変動します(割引料金を除く)。ご予約時に宿泊料金の全額をお支払いいただきます。払い戻しはできません。ご予約は事前カード決済にて、宿泊料金の全額をお支払いいただきます。現地の法律により特に規定されていない限り返金やクレジットの発行はいたしかねます。代金を他のご滞在やサービス、商品に適用することはできません。予約後の変更はできません。 

 (ヒルトンホームページより)

 

注意点

 

★セールを利用するには2019年4月2日までの予約が必要

★2019年3月31日から2020年1月31日までの宿泊に適用

★到着5日前までの予約が必要

★最大割引を受けるためにはヒルトンオナーズ会員になる必要あり。

★東南アジアのホテルではアルコール飲料は割引適応外

★予約時に宿泊代金を全額支払い、予約後の変更・払い戻しは不可

 

 

今までのヒルトンセールと大きく変更点はありません。

毎回の事がながら一番の注意点としては【予約後の払い戻しや変更は不可】という点だと思います。

 

 

確実に宿泊できる方にはおすすめできますが、変更がありそうな人(例えば小さなお子さんがいるとか)やまだ先の予約(2020年の予約等)はおすすめできません。

 

また、東南アジアのホテルではアルコール飲料は15%割引にならないようなのでお酒好きな人は注意が必要です。

ダイヤモンドステイタスがない人は、最初からエグゼクティルーム以上の部屋を予約する等対策してください笑

 

また、今回のセールで最大限割引を受けるためにはヒルトンオナーズ会員(無料)である必要があります。

非会員は5~25%割引にしかならないので、無料登録で簡単になれるヒルトンオナーズ会員への登録をおすすめします。

会員になることでWi-Fiも無料で使えるようになりますよ!

 

シドニー


f:id:semiprotraveler:20190329182455j:image

 

バンコク

新しくできたヒルトンの高級ラインであるウォルドーフ・アストリア・バンコクへも2万円代から宿泊できます。

コンラッドは1.5万円、ダブルツリーなら8000円です。


f:id:semiprotraveler:20190329182444j:image
f:id:semiprotraveler:20190329182424j:image

 

また、バンコクからは離れますが、ヒルトンパタヤも1.6万円程度と大分お手頃です。

 

f:id:semiprotraveler:20190329182522j:plain

 

www.semi-protraveler.com

 

クアラルンプール

タイでも十分ホテルは安いですが、安さでいったらやはりマレーシア・クアラルンプールです!

 

朝食レベルが高く、ツインタワーを見ることもできるダブルツリークアラルンプールは6000円から。

ヒルトンガーデンインは3000円程度です。

ちゃんと個室ですよね?!

とか疑うレベルで安すぎます。
f:id:semiprotraveler:20190329182433j:image

 

 

アクセス抜群のヒルトンクアラルンプールは7000円代。

日本で言う、東京駅直結のホテルのような感じでアクセス抜群で、ホテルもきれいです!

安すぎてまた、クアラルンプール行きたくなってしまいます・・・
f:id:semiprotraveler:20190329182418j:image

 

インドネシア

今アジアで一番行きたくなっているバリ島も今回のセール対象です。

特に日本人女性に人気の旅行地ですよね。

コンラッドバリは1.2万円程度から

ヒルトンバリは1万円を切っています。
f:id:semiprotraveler:20190329182413j:image

久しくバリ島に行っていないので、個人的にかなり行きたいです。

 

ポイント無制限キャンペーン
f:id:semiprotraveler:20190329182449j:image

また、今回のセール以外にもヒルトンでは【ポイント無制限キャンペーン】が開催されており、1滞在ごとに2000ヒルトンポイント獲得できます。

さらに、5滞在ごとに10000ヒルトンポイント獲得できます。

なので期間中に5滞在すると合計で20000ヒルトンポイント獲得することができ、1ヒルトンポイント=0.5 円程度の価値があるので1万円割引程度の価値があります。

また、マレーシアでの宿泊でポイントを利用すると1ヒルトンポイント=1円以上で使えることもありかなりおすすめです。

 

まとめ

現在ヒルトンでは最大35%オフのセールが開催されています。

近いうちに旅行の予定がある人にとってはかなりおすすめのセールであると言えます。

ただ、予約後の変更や払い戻しはできないので注意が必要です。

バンコクやマレーシアなどセールによってさらに安く宿泊することができるので是非セールを利用してお得にヒルトンホテルに宿泊してみてください。

 

ヒルトンゴールドカード(クレジットカード)を作ることで、ヒルトンゴールドステイタスを獲得できるのでおすすめです。

私はかなりその恩恵を受けているので、また別にクレジットカードの記事を書こうと思います。